レノボとIBMは2014年9月29日、レノボによるIBMのx86サーバー事業買収について10月1日を効力発生日として、この取引のクロージング手続きを開始することを発表した。
この結果、グローバルで421億ドル規模のx86サーバー市場で第3位のシェアとなる見込み。

今回の取引でレノボが取得するのは、System X、BladeCenter、Flex Systemブレードサーバーおよびスイッチ、x86ベースのFlex統合システム、NeXtScaleおよびiDataPlexサーバーと関連ソフトウェア、ブレードのネットワーキングおよび保守業務。
IBMが保持するのは、System zメインフレーム、Power Systems、Storage Systems、POWERベースのFlexサーバー、PureApplicationおよびPureDataアプライアンスとなる。

今回の買収価格は21億USドルとなる。