任天堂とDeNAが資本提携しスマートデバイス向けゲームを提供へ

任天堂とDeNAは2015年3月17日に資本提携を発表し、任天堂IPを使ったスマートデバイス向けのゲームを2015年中に提供する。

会見の中で、フロントエンドは任天堂、バックエンドはDeNAが担当するケースが多くなるとしているため、任天堂のスマートデバイス向けのゲームをDeNAが支えていくというような構図になるようだ。

任天堂の岩田社長は今回の抱負として以下のことを語っている。

ひとつは、スマートデバイスで成功されているコンテンツ供給者さんは、単一のヒットタイトルに依存している構造になっていることがほとんどですが、我々が任天堂IPを活用して取り組む以上は、スマートデバイスで早期に複数のヒットタイトルを生み出せるようにしたいということがあります。
もうひとつは、従来のゲーム専用機のプラットフォームの定義がデバイス単位だったことに対し、世の中に広く普及しているスマートデバイスやPCを取り込み、ゲーム専用機とスマートデバイスという複数のデバイスを統合して、より多くのお客様に私たちのつくるソフトをより的確にお届けしたいということです。これは、いわば、任天堂のプラットフォームの再定義への取り組みです。

任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー業務・資本提携共同記者発表

著者について:

上倉賢(かみくらまさる)

Block

block