Wi-Fi Allianceは2018年6月28日、次世代のWi-Fiセキュリティ規格「Wi-Fi CERTIFIED WPA3」を発表した。
10年以上使われている現行のWPA2のセキュリティは引き続き確保しつつ、WPA3への移行が推進されていく事になる。

WPA3はWPA3-PersonalとWPA3-Enterpriseの2つのモードが用意される。
WPA3-Personalは同等性同時認証(SAE: Simultaneous Authentication of Equals)により簡単なパスワード、短いパスワードでもデータを保護できるとしている。
WPA3-Enterpriseでは従来は128ビットだったが192ビットに対応し、より強固なセキュリティになるとしている。

また、IoT機器のようにディスプレイなどが無い機器でもWi-Fi接続が簡単にできるための「Wi-Fi CERTIFIED Easy Connect」も発表した。QRコードを利用してセキュアに接続できる仕組み。

WPA3対応機器の登場は2018年後半からで、製品によってはWPA2からのアップデートで対応できる場合もある。

Wi-Fi Alliance introduces Wi-Fi CERTIFIED WPA3 security
Wi-Fi Alliance

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here