Armは2021年3月30日、Armの新しいアーキテクチャArmv9を発表した。
Armv8の発表から10年が経過し、今後10年を担うアーキテクチャがArmv9となるとしている。

Armv8は発表から10年間様々な改良が行われてきたが、Armv9はそれらと互換性を持ちつつ

富岳に採用されたベクトル処理のSVE(Scalable Vector Extension)の改良版SVE2を採用し、マシンラーニング、DSP(Digital Signal Processing)を強化し、セキュリティ機能についてもRealms(レルム)というコンセプトが導入される。

RealmsはArmv9で導入されるArm Confidential Compute Architecture(CCA: コンフィデンシャル・コンピュート・アーキテクチャ)で導入される物で、特権アクセスであってもデータのアクセスが出来ない。

このArmv9を採用した製品は2021年後半に登場する予定。

https://www.arm.com/ja/company/news/2021/03/31-3-2021-arms-answer-to-the-future-of-ai-armv9-architecture