Google クラウドゲーム向けChromebook

0
113
Chromebook Cloud Gaming

Googleは2022年10月11日、クラウドゲーム向けChromebookを発表した。
従来のChromebookは教育向けやビジネス向けだったが、液晶パネルをゲーミング仕様にしたCloud Gaming Chromebookを提供し、クラウドゲーミングに対応する製品として提供する。

対応するクラウドサービスは、NVIDIAのGeForce NOW、MicrosoftのXbox Cloud Gaming、Amazon Luna。GoogleのStadiaは2023年にサービス終了が決まっていることもあってか非対応。
クラウドゲームとは、クラウド上のサーバーでゲームが動作し、その画面をインターネットを通じて手元の画面に表示し、手元の操作がクラウドへ反映する物。この遅延が大きい場合、ゲームにならないが、多くのクラウドゲームではアクションゲームでもほとんど遅延を感じることはないようになっている。
Cloud Gaming ChromebookはGameBenchで検証され、120fps、入力レイテンシが85m/s未満になるようになっているとしている。

まず、Acer Chromebook 516 GE、ASUS Chromebook Vibe CX55 Flip、Lenovo Ideapad Gaming Chromebookが登場する。
さらに、周辺機器メーカーからもChromebook対応のヘッドフォン、マウス、コントローラーなども提供される。

クラウドゲームはPCゲームにある、ハイエンドなGPUが必要なく比較的低スペックなPCで動作し、大容量ストレージなども不要で、ダウンロードの待ち時間、インストールも不要ですぐにゲームが楽しめるため、AAAゲームも比較的簡単に楽しめるようになっている。
そのようなゲームも快適に遊べるChromebookで、低価格製品よりは比較的高スペックで、ハイリフレッシュレートの液晶パネル、高品質なキーボードなどが搭載されている。

https://blog.google/products/chromebooks/gaming-chromebooks/