Acer CES 2023で発表した新製品

0
577
Acer Aspire

Acerは2023年1月4日(日本時間)、CES 2023に合わせて新製品を発表した。
Acer Aspire、Nitro、Predator、Swift Go、など各カテゴリで発表されている。
ノートパソコン以外では、Aspire S AIO、Chromebox、Halo Swing Smart Speakerなど。SpatialLabsは3D Ultraモードが追加され、3D効果の強度などをカスタマイズ可能になる。

Aspireシリーズ

Acer Aspire

Aspire 5

第13世代インテルCore、NVIDIA GeForce RTX 2050、最大32GBメモリ、最大1TBのSSDを搭載。比較的高性能ながら低価格の薄型軽量製品。
狭額縁の16:10のアスペクト比で、Thuderbolt 4、Wi-Fi 6Eなどに対応する。
US$549.99からで、3月から順次発売。

Aspire 3

低価格製品でCore i3-Nを搭載しながら薄型軽量系統の製品で重量1.6kg、厚み18.9mm。
US$349からで、1月から順次発売。

Acer Nitro

Nitroシリーズ

Nitroシリーズは比較的低価格なゲーミング向け製品。
第13世代インテルCore、NVIDIA GeForce RTX 40を採用する。2TBまでのストレージ、DDR5の最大32GBメモリに対応。

Nitro 16

16インチのWUXGAかWQXGA解像度に対応、165Hzのリフレッシュレートに対応する。
US$1199.99からで3月より順次発売。

Nitro 17

第13世代インテルCore HXを採用した17.3インチの製品で3kgを切る重量。
ディスプレイは144Hzか165Hz対応のフルHDか、QHDで165Hz対応。125.0×81.6mmのタッチパッドを採用する。
US$1199.99からで、3月より順次発売。

Acer Predator Helios

Predator

ハイエンドゲーミングノートパソコンで、第13世代Core、NVIDIA GeForce RTX 40シリーズを搭載する。
1.8mmのストロークの新デザインキーボードを採用。

Predator Helios 16

16:10でWQXGAの16インチサイズで採用し165Hzか240Hzか、Mini LEDで250HzのAUO製のAmLEDをサポートした100 nitsで1,000,000:1のブライトネスなどに対応する高性能ディスプレイを採用する。
US$1699.99からで2月から順次発売

Predator Helios 18

16:10でWQXGAの18インチサイズでHelios 16同様の高性能ディスプレイを搭載する。
US$1599.00からで3月から順次発売。

Acer Swift

Swift

Acerの薄型軽量カテゴリの製品。SwiftシリーズはCore Hシリーズ対応、一部モデルはEvo認証にも対応する。
第13世代インテルCoreでMovidius VPSにも対応する。

Swift Go 16

120Hz対応のOLEDディスプレイを採用。16インチの3.2K(3200×2000)解像度。
4.2mmの狭額縁で重量は1.6kg。
最大16GBメモリ、最大2TBのSSDに対応。
US$799.99から、3月より順次発売。

Swift Go 14

120Hz対応のOLEDディスプレイを採用。2.8KのOLED(2800×1800)解像度。
4.15mmの狭額縁で重量は1.3kg。
最大16GBメモリ、最大2TBのSSDに対応。
US$849.99から、2月より順次発売。

Swift X 14

NVIDIA GeForce 4050を搭載、14インチ 2.8K OLEDディスプレイで120Hz対応。
1440pのQHD Webcamを搭載する。
US$1099.99から、4月より順次発売。

Swift 14

アルミ削り出しボディを採用して14.95mm、1.2kgの重量で、回収したプラスチックから製造されるOceanGlass touchpadを搭載。
第13世代インテルCore Hを採用し、Evo認証対応で9.5時間駆動を実現した。
1440pのQHD webcamを搭載する。
US$1399.99から、1月より順次発売。

https://www.youtube.com/watch?v=gr9oSJvC6dw

https://www.acer.com/us-en/events/nextatacer