hp Pavilion
HPは2007年10月3日、同社の個人向けノートパソコンPavillonシリーズのウインターモデルを発表した。
従来と同等の筐体を使用したスペック変更モデルで、HPが日本メーカーのように季節毎に新製品を出す第一弾になるのだろうか?
日本メーカーは、個人消費の動向などから、1月頃の春モデル、5月頃の夏モデル、9月頃の秋冬モデルと年3回新製品を発表しているが、海外メーカーはこれに準じているわけではなかった。HPが日本市場で個人向けに本格参入したのが今年になってからだが、今回のようにウインターモデルと名付けたのも初めてだ。
今後、季節毎に年3回のタイミングで新製品が出てくるかどうかは、今度の展開を見なければわからないが、他社との競争上このような製品発表になってもおかしくはないだろう。
今回の新モデルは
17インチワイド液晶搭載の「HP Pavilion Notebook PC dv9500/CTウィンターモデル」 155,400円?
15.4インチワイド液晶搭載の「HP Pavilion Notebook PC dv6500/CT ウィンターモデル」 91,350円?
14.1インチワイド液晶搭載の「HP Pavilion Notebook PC dv2605/CT ウィンターモデル」 79,800円?
12.1インチワイド液晶搭載のタッチパネル機能つき「HP Pavilion Notebook PC tx1205/CTウィンターモデル」 123,900円?
の4モデルで最新プロセッサを搭載するなど、従来機より強化している。ようだが、変更点は多くない。
シンプルで価格もこなれた製品であり、どのモデルもお買得感は高い。
HP Pavilion製品情報
次世代DVDドライブ搭載機種など、個人向けPC「HP Pavilionシリーズ」の冬モデルを発表