IO DATA/Buffalo Centrino 2対応メモリモジュール

バッファローは2008年6月25日、アイ・オー・データは7月2日、それぞれ次世代Centrino 2対応のSODIMM DDR3メモリを発表した。
PC3-8500(DDR3-1066)対応のメモリモジュールで、1GBと2GB品。7月中旬より出荷予定。

バッファローは2008年6月25日、アイ・オー・データは7月2日、それぞれ次世代Centrino 2対応のSODIMM DDR3メモリを発表した。
PC3-8500(DDR3-1066)対応のメモリモジュールで、1GBと2GB品。7月中旬より出荷予定。
両社とも価格は同じ、1GB品は受注生産品で1GBは19,000円、2GBは37,200円。(いずれも税抜)
IO DATA製品情報
Buffalo製品情報
DDR3メモリは今のところ価格も高く、どれだけ採用機があるか不明だが、周辺機器として発表されることで、安心してCentrino 2対応機を選べる環境が整いつつある。

関連記事:

投稿者: kamikura

上倉賢(かみくらまさる)