マイクロソフトがサポートが終了したWindows XP向けにIEの更新プログラムを提供Provides updates of IE for Windows XP that Microsoft has ended support

マイクロソフトは2014年5月1日、Internet Explorerの脆弱性問題に関するセキュリティ情報 MS14-021を定例外で公開した。
今回はWindows XPのサポートは終了しているが、影響が大きいことからWindows XP用の更新プログラムも特例で配信されている。

日本語による公式情報
セキュリティ情報 MS14-021

セキュリティ アドバイザリ (2963983) の脆弱性を解決する MS14-021 (Internet Explorer) を定例外で公開

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 2963983 Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される

[FAQ まとめ] セキュリティ アドバイザリ 2963983 – Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される
[回避策まとめ] セキュリティ アドバイザリ 2963983 – Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行されるMay 1, 2014, Microsoft has released a constant exception of the security information about the MS14-021 vulnerability problem of Internet Explorer.
Support for Windows XP has been completed this time, but the update program for Windows XP has also been delivered in special from high-impact.

Japanese Official Information
セキュリティ情報 MS14-021

セキュリティ アドバイザリ (2963983) の脆弱性を解決する MS14-021 (Internet Explorer) を定例外で公開

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 2963983 Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される

[FAQ まとめ] セキュリティ アドバイザリ 2963983 – Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される
[回避策まとめ] セキュリティ アドバイザリ 2963983 – Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される