Google I/O 2016は5月18から20日

Googleが毎年開催している開発者向けイベントGoogle I/O 2016は5月18日から20日まで、Google本社に隣接するShoreline Amphitheatreで開催される。

従来はサンフランシスコのコンベンション会場で行われていたが、今回は従来とは趣向を凝らしたイベントになりそうだ。
Shoreline Amphitherterは屋外のコンサートホールが常設されているが、これ以外にテントを設置するなどしてセッション会場にすることが予想される。

申し込み方法等の詳細は2016年1月13日現在、まだ公開されていない。

Shoreline Amphitheatre in Mountain View, CA
https://plus.google.com/+SundarPichai/posts/Gi7EcHRTrNc

iPhone 6sとNexus 6P 5XのLTE対応バンド一覧

Band iPhone 6s
Model A1688
Model A1687
iPhone 6
Model A1586 (GSM)
Model A1586 (CDMA)
Model A1524 (GSM)
Model A1524 (CDMA)
Nexus 6P Nexus 5X
1 (2100 MHz)
2 (1900 MHz)
3 (1800 MHz)
4 (AWS)
5 (850 MHz)
7 (2600 MHz)
8 (900 MHz)
9 (1700 MHz) × ×
13 (700c MHz) × ×
17 (700b MHz)
18 (800 MHz) ×
19 (800 MHz)
20 (800 DD MHz)
25 (1900 MHz) × ×
26 (800 MHz) ×
28 (700 APT MHz)
29 (700de MHz)
38 (TD 2600)
39 (TD 1900) ×
40 (TD 2300)
41 (TD 2500)

iPhone LTE
Nexus 5X
Nexus 6P

Google Android Wareをアップデート

Googleは2015年4月20日、腕時計型デバイス用のAndroid Wareのアップデートを発表した。

Wi-Fiをサポートし、手書きによる文字の認識に対応。これ以外にも使い勝手の向上が多く含まれている。

現在発売されている7機種の各Android Wareに対応する。

Android Wear: wear what you want, get what you need

149ドルからのChromebook登場

Googleは2015年4月1日、149ドル日本円で18,000円程度のChromebookを発表した。
HaierとHisenseのChromebookで液晶サイズは11インチ程度の模様。

これ以外にも、TRUE、XOLO、Nexianからも製品が登場し、11.6インチから15インチのサイズで199ドルから499ドルで提供される。
また、ASUSから2-in-1タイプのような、ASUS Chromebook Flipも249ドルで発表され、Chromebookのフォームファクターも多様化していくようだ。

これ以外には、HDMI端子に接続して使用するスティック型のASUS製のChromebitも発表され、2015年夏に100ドル以下で提供される予定。

GoogleがUSB Type-Cに対応した新型 Chormebook Pixelを発表

Googleは2015年3月11日、Chromebook Pixelの新モデルを発表した。
Chromebookの中でも高解像度で、ハイスペック仕様の製品がChromebook Pixelだが、今回のモデルではUSB Type-Cポートを2つ採用した新モデルとなる。

CPUはインテルの第5世代Core i5もしくはCore i7を採用。
12.85インチで2560×1700のアスペクト比3:2のタッチ対応ディスプレイを採用。解像度は239ppi。

サイズは297.7mm x 224.55mm x 15.3mm。
重量は1.5Kg。
価格は$999か$1299。

Chromebook Pixel

http://googleblog.blogspot.jp/2015/03/meet-updated-chromebook-pixel-and-new.html

詳細は執筆中