レノボは2018年3月13日、教育市場向けChromebookのLenovo 300e、Lenovo 500eを発表した。
画面が360度回転する2-in-1型で、タッチ入力、ペン入力にも対応する。2018年5月発売予定で、48,000円前後から。

現在、文部科学省の第2期教育振興基本計画では2018年度までに教育用コンピューターは3.6人あたり1台という目標になっているが、現時点で5.9人あたり1台で大きな隔たりがある。

ここで課題なのが、コスト、堅牢性、先生が管理可能になることとして、NTTコミュニケーションズのまなびポケットで教育クラウドに最適なChromebookで、管理性を高め、セキュアで低コストな製品を提供する。

堅牢性も角に丸みを持たせ、MILスペックにも準拠し、乱雑に扱っても壊れにくくした。
給電はUSB Type-Cに対応する。
オンラインサイトでの販売も検討する。

MediaTek MTK 8173Cを搭載するのがLenovo 300e、Intel Celeron N3450を搭載するのがLenovo 500e
主な仕様はメモリ4GB、ストレージ32GB eMMC、ディスプレイ11.6型(1366×768)
Lenovo 300eにはHDMI出力端子も搭載する。

文部科学省 教育のIT化に向けた環境整備4か年計画
Lenovo