ASUSは2009年6月26日、薄型で低価格のASUS Uシリーズを発表した。
10万円程度からの薄型ノートパソコンで、7月中旬より順次発売。

U20Aは12.1型ワイド液晶、光学ドライブを搭載し厚みは22mm(29.6mm)、重量1.8kg。バッテリ駆動時間はJEITA測定方法で8.3時間。10万円程度から。
UX50Vは15.6型ワイド液晶、光学ドライブを搭載し、厚みは18.6mm(28.6mm)、重量2.6kgの製品。JEITA測定方法でバッテリ駆動時間は約5時間。GPUにNVIDIA GeForce G105Mを採用し、状況に応じて切り替えられる。13万円程度から。

U20AはCore 2 Soloを採用し、通常のネットブックよりも価格は高いが、少しパフォーマンスの良い製品を求める向けの製品。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=h_QI3lsznTw[/youtube]

ASUS Press Conference 2009 Summer

UX50Vは15.4型液晶を採用し、通常の利用に十分なスペックの薄型ノートパソコン。

ASUS Press Conference 2009 Summer

このシリーズは、今年からインテルがプッシュする(価格の安い)薄型ノートパソコンに位置する物で、AcerのTimelineシリーズ、MSIの
X-Slimシリーズなどと競合する。

ASUSプレスカンファレンスの動画
ASUS Press Conference 2009 Summerの画像

ASUS