DSC04453

シャープは2010年9月27日、クラウドメディア事業GALAPAGOS(ガラパゴス)を発表した。
今回発表されたのは、この事業の第1弾となる電子ブックストアサービスと専用端末のメディアタブレット2機種。

2010年12月に新聞、雑誌、書籍などのラインナップ3万冊を予定する電子ブックストアがスタートし、専用端末が発売になる予定。
今回の発表に先立つ、7月20日には今回のサービスで使われるフォーマットの次世代XMDFに関する説明会も開催されていたが、今回のサービス、端末の発表により概要が明らかになった。
電子書籍を実現するには、コンテンツはどのように調達するのか、フォーマットに何を使うのか、流通はどうするのか、端末はどうなっているのかなど、複数の課題があるが、シャープはコンテンツを除き、全てを1社で提供できるようなプラットフォームを構築しようとしている。

さらに、専用端末には液晶を使用していることからわかるように、画像や動画なども問題なく表示出来る。
このことから、雑誌のようなコンテンツだけでなく、動画やゲームなど将来はこのサービスをさらに拡張していくようだ。
発表された端末のOSはAndroidを使用しているが、今回のサービスに特化したUIを採用しており、他のAndroid端末のような自由度がないが、将来はアプリ開発などもオープンになるとのことだ。

将来はePubなどのフォーマットに対応するが、当初専用フォーマットのみでの対応。利点として打ち出しているのが自動配信やおすすめ機能、サービスが進化する点など。数秒、容量が多くても1分以内で受信できるコンテンツが多い電子新聞などのコンテンツの自動配信は他のサービスとの差別化ができているわけではないだろう。サービスの進化も他社が当然のように取り入れている。

GALAPAGOS is not ガラパゴス

GALAPAGOSという名称も自虐的に思われがちだが、進化の象徴としてつけたというだけに、他社のサービスにまねのできないユーザーにとって便利なサービスに「進化」できるのかが注目される。

GALAPAGOS発表会のビデオ


次世代XMDF発表会のビデオ

第1弾 電子ブックストアサービスを12月よりスタート

DSC04453

September 27, 2010 Sharp, media business cloud GALAPAGOS announced.
This was announced, only two models of terminal services and media tablet e-book store and the first in this business.

December 2010 newspaper, magazine, e-book store is scheduled to start a lineup of books and 30,000 volumes, a dedicated terminal will be on sale.
Prior to the announcement, on July 20 is the next generation of the format used in the service of XMDF briefing was held. Service announcement, revealed a summary of the terminal.

E-book services, content or how to raise, what format they use, distribution is what you do, the terminal and what’s going on, there are several challenges. Sharp contents except that trying to build a platform that can provide everything a company.

In addition, the dedicated terminal that can be seen from using the LCD can display images and movies without any problems.
Thus, not only content, such as magazines, videos and games can be. It seems the future to expand this service further.
The Android OS is the only terminal you are using a UI specific to this service has been adopted. Although there is no other Android devices, such as freedom, but the future is going to be open as well as application development.

In the future, but ePub formats, including proprietary format supported only in the beginning. Compared with other functions and recommend an automatic delivery point service evolves, the public benefit. Electronic newspapers and a few seconds, often within one minute of content that can be received even more space. Automatic delivery of content that can not differentiate their services and others are not. Taken for granted that the evolution of service other companies.

GALAPAGOS is not ガラパゴス

GALAPAGOS is often called in Japan seems masochistic. This is just the name attached as a symbol of evolution, convenient service for users of other services can not imitate the “evolution” is being watched or that.

GALAPAGOS video presentation

Next XMDF video presentation

Sharp to start first E-bookstore Service from December
with “GALAPAGOS” E-Book Reader