ソニーは2013年5月22日、経営方針説明会を開催し、エレクトロニクス事業の強化、 エンタテインメント・金融事業の収益力の一層の強化、継続的な財務体質の強化などについて説明した。

エレクトロニクス事業では、コア事業である、モバイル、イメージング、ゲームの変革を加速し、テレビ事業を黒字化、新興国での成長戦略を加速、新規事業の強化などを行う。

スマートフォンとタブレット、PCなどのモバイル事業の具体策では、スマートフォンとタブレットで売上高1兆5,000億円、営業利益率4%の達成を目標とするが、PC市場では収益改善を主とする。

一方、PCについては、この1年間の市場・事業環境の変化を踏まえ、売上拡大で事業の成長をけん引するのではなく、まずは収益改善を重視するカテゴリーと位置付け、2013年度の黒字化をめざします。

とのことで、売れ筋製品で数を稼ぐのではなく、利益率の高い製品などを提供していくようだ。

ソニー株式会社 2013年度経営方針説明会May 22, 2013, held a corporate strategy meeting, Sony has been described Reinforce the Electronics Business, Further strengthen profitability in the Entertainment and Financial Services businesses, Continue to reinforce Sony’s financial foundations.

Electronics Business, Accelerate execution of updated strategies in the three core businesses (Mobile, Imaging and Game), Return the TV business to profitability, Accelerate the execution of growth strategies in emerging markets, Reinforce new businesses (such as Medical and Security) to deliver sustained growth

Regarding PCs, in view of the changes the market and business environment have undergone in the past year, the Company is implementing a strategic realignment that initially prioritizes profitability improvement over sales expansion with the aim of returning the business to profit in FY13.

Instead of earning a number of hot-selling products, it seems to continue to provide the products have high margins.

Sony Corporate Strategy Meeting FY2013