AMD Ryzen 5000

AMDは2021年1月にモバイル版のRyzen 5000シリーズを発表したが、性能などの詳細についても公表している。

Ryzen 9 5900HXとCore i9-10980HKを比較すると、シングルスレッド、CPU全体の性能も高く、全体では37%高いとしている。

Ryzen 9 5900HXCore i9-10980HK
発売2021 Q12020 Q2
製造プロセスTSMC 7nmIntel 14nm
コア数88
スレッド数1616
ベース周波数3.3GHz2.40GHz
最大周波数4.8GHz5.30GHz
キャッシュ20MB16MB
TDP45W+45W
cTDP65W
Single Thead114100
Overall CPU137100
Game Physics121100

HXシリーズは最上位で最もTDPが高く、45WのH、35WのHSがあり、性能はそれに比例する。

薄型軽量モデルに使われるのがRyzen Uシリーズで

Ryzen 5000 Hシリーズ 8コア16スレッドモデル
Ryzen 9 5980HX 4.8GHz/3.3GHz
Ryzen 9 5980HS 4.8GHz/3GHz
Ryzen 9 5900HX 4.6GHz/3.3GHz
Ryzen 9 5900HS 4.6GHz/3GHz
Ryzen 7 5800H 4.4GHz/3.2GHz
Ryzen 7 5800HS 4.4GHz/2.8GHz
6コア16スレッド
Ryzen 5 5600H 4.2GHz/3.3GHz
Ryzen 5 5600HS 4.2GHz/3.0GHz

薄型の製品に使われる 5000 Uシリーズはインテルのi7-1165G7等に比べると8コア16スレッドと2倍のコア、スレッド数となっているため、2倍近い性能差を期待したいところだが、1割から2割程度の性能向上程度になっている。

Ryzen 7 5800UCore i7-1165G7
発売2021 Q12020 Q3
製造プロセスTSMC 7nmIntel 10 nm SuperFin
コア84
スレッド数168
ベース周波数1.9GHz1.2GHz-2.8GHz
最大周波数4.4GHz4.7GHz
キャッシュ20MB12MB
TDP15W12W-28W
PCMark 10123100
PC Mark Apps109100
Edge107100

さらに、全ての5000 Uシリーズが最新のZen 3アーキテクチャになっているわけでは無くZen 2アーキテクチャの物が半分ほどになっている。

Ryzen 7 5800U Zen 3 8コア16スレッド
Ryzen 7 5700U Zen 2 8コア16スレッド
Ryzen 5 5600U Zen 3 6コア12スレッド
Ryzen 5 5500U Zen 2 6コア12スレッド
Ryzen 3 5400U Zen 3 4コア8スレッド
Ryzen 3 5300U Zen 2 4コア8スレッド