Appleは現地時間の2021年6月7日、同社の開発者向け会議WWDC 2021を開催し、次期macOSのmacOS Montereyを発表した。
バージョン番号は12.0、ベータ版は6月7日よりダウンロード可能、リリースは2021年末の予定。

macOS Catelinaまでのバージョン番号は10.xで小数点以下が増えていたが、2020年リリースのmacOS Big Surで11になったよう、iOSと同様にバージョン番号を増やしている。OSの名称としては2013年のOS X v10.9 Mavericsで導入されたカリフォルニアの地名が使われるのが基本となる。

新しくなる機能は多岐にわたるが、デバイスやユーザー間との接続がよりスムーズになり、各機能が強化されている。
他の機能との接続では「ユニバーサルコントロール」機能が追加された。iPadや他のMacとセットアップなしで接続可能で、MacからiPadにマウスカーソルを移動し、iPadでデータをコピーし、Macに貼り付けることが自然に行える。
「あなたと共有」機能ではメッセージを通じて、様々なコンテンツを簡単に共有出来るようになる。

https://www.apple.com/macos/monterey-preview/

対応機器

iMac Late 2015
iMac Pro 2017
Mac Pro Late 2013
Mac mini 2014
MacBook Air Early 2015
MacBook Pro Early 2015
MacBook Early 2016

Big Surの場合は2013年頃の機種が対応、Montereyでは2015年頃の機種が対応。
このペースで古い機種が非対応になった場合、2022年で2017年のモデル、2023年で2019年までになる可能性がある。この場合、2024年にIntel CPU搭載モデルが最新OSでは非対応になる場合もある。

MontereyBig SurCatelina
iMac20152014Late 2012
iMac Pro201720172017
Mac ProLate 20132013Late 2013
Mac mini20142014Late 2012
MacBook AirEarly 20152013Mid 2012
MacBook ProEarly 2015Late 2013Mid 2012
MacBook20162015Early 2015
macOSの対応モデル

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here