Microsoft 次世代AIデバイスのハードウェア要件を設定

1
157
次世代AI PC

Microsoftは2024年5月20日、Windowsを動作させる次世代AIデバイスのハードウェア要件を制定した。(その後、この要件の名称はCopilot+ PCのハードウェア要件となった)
NPU性能、メモリ、ストレージが通常のWindows 11を上回り、NPUなどのTOPS値も設定された。

設定されたAIデバイスの要件

SoCのTOPS値
承認されたリストのプロセッサまたはシステム オン チップ (SoC)。 承認されたリストには、40 以上の TOPS (1 秒あたり兆単位の操作) を持つニューラル処理ユニット (NPU*) を組み込むプロセッサまたは SOC のみが含まれます。

RAM
16 GB DDR5/LPDDR5

ストレージ
256 GB SSD/UFS 以上のストレージ デバイス

TOPS値は単純に40TOPSという数字、もしくはリストに含まれるSoCが基準となる。SoCなのでNVIDIAのGeForceなどはここに含まれない可能性がある。
メモリとストレージはその仕様も記載されており、例えばHDDやメモリもDDR4などでは要件を満たさなくなっているのがポイントとなる。

Copilot+ PCの機能

Copilot in Windows
Windowsに組み込まれたCopilot機能

Recall
過去使った資料やサイトの情報を簡単に探せる機能

Live Captions
自動的に字幕を生成する機能

Cocreator
イラストなどを簡単に作成出来る機能

Windows Studio Effects
ビデオ会議での画像調整

Automatic Super Resolution
画像の超解像機能

https://support.microsoft.com/ja-jp/topic/windows-次世代-ai-デバイスのハードウェア要件-35782169-6eab-4d63-a5c5-c498c3037364

Windows 11のシステム要件
https://support.microsoft.com/en-us/windows/windows-11-system-requirements-86c11283-ea52-4782-9efd-7674389a7ba3

1コメント

コメントは締め切りました。