インテルは2008年4月2日、次世代低消費電力プロセッサテクノロジーCentirno Atomを正式に発表した。
名称などは事前に公表されていたが、詳細情報が公開されるのは今回が初となる。
小型低消費電力品ながら最新の45nmやHigk-K技術を使って製造され300mmウェハーで2500個のチップを製造することができるほどの小型化に成功した。
TDPは3年ほど前のノートパソコンと同等の性能ながら、1/10と非常に低く、アイドル時の消費電力は80mWとさらに低く押さえられている。
価格もCPUとSCH(チップセット)で4530円からと非常に安い。

製品名
プロセッサーナンバー Z500 Z510 Z520 Z530 Z540
動作周波数 800MHz 1.1GHz 1.33GHz 1.6GHz 1.86GHz
電力 TDP 0.65W 2W 2W 2W 2.4W
平均消費電力 160mW 220mW 220mW 220mW 220mW
アイドル時の消費電力 80mW 100mW 100mW 100mW 100mW
FSB 400MHz 533MHz
HTテクノロジー 非対応 対応
L2キャッシュ 512KB
ダイサイズ 7.8mm×3.1mm
価格(CPU+SCH)1000個注文時 4530円 4530円 6550円 9570円 16110円

インテルCentirno Atom製品情報
ポケットサイズの端末から新しいモバイル・インターネット体験を提供するインテル Centrino Atomプロセッサー・テクノロジーを発表