HP 2133 Mini-Note PCを日本で発表

1
584

HP 2133 Mini-Note PC
日本HPは2008年5月21日、教育市場向けなどに米国などで発表済みのHP 2133 Mini-Note PCを国内で発表した。
VIAのC7を搭載し、8.9型ワイド液晶を搭載し1.27kg。59,800円(税込)から、6月上旬発売。
日本では2種類のモデルがラインナップにある。
HP 2133 Mini-Note PC スタンダードモデル
VIA C7-Mプロセッサ(1.2GHz)、1GBメモリ、120GB HDD、802.11 b/g無線LAN、3セルバッテリ、Windows Vista® Home Basic 59,850円(税抜57,000円)
HP 2133 Mini-Note PC ハイパフォーマンスモデル
VIA C7-Mプロセッサ(1.6GHz)、2GBメモリ、160GB HDD、802.11a/b/g無線LAN、3セル+6セルバッテリ(2本同梱)、Bluetooth 2.0、Webカメラ、Windows Vista Business 79,800円(税抜 76,000円)
日本国内向け製品は教育市場向けではなく、一般市場向けの機能を絞った低価格製品ではなく、普通に仕えて価格が安いB5ノートのような位置づけになる。
キーボードはUSキーボード(英語使用)であり、かなのプリントや、変換などのボタンがなくすっきり市とした仕様。これは仮名入力する人自体が、小型の筐体であり、日本語キーにすると配列の関係で使いにくくなるためという。
筐体はアルミニウム製で非常にしっかりしており、防水仕様のキーボードはタッチ感もよく非常に質感も高い。
このような低価格ながらそこそこの性能を持った物が登場すると、20万円前後のB5ノートの位置づけが微妙になってくる。
今後の動向に注目だ。


HP 2133 Mini-Note PC製品情報

小型筐体にPCのフル機能を凝縮した8.9インチワイドミニノートPC「HP Mini」を発表

1コメント

  1. HP 2133 Mini-Note PC

    HPは2008年4月8日、教育市場向けの低価格ノートパソコン市場に参入した。
    1280×768の液晶パネルを採用し、米国などで販売されるようだ。

Comments are closed.