Jan 292010
 

「Netbookは安いノートパソコン」
「スマートフォンとノートパソコンの間を埋めるのがiPad」

スマートフォンとノートパソコンの間を埋める製品というのは、利用者それぞれで思いがあるだろうが、上記がアップルの認識と答えとなる。

iPadはARMベースのCPUだろうA4を採用し、見た目は大きなiPod touch。OSもiPhoneなどのそれを強化したような物のようだ。アプリケーションソフト自体は、iPhoneの物がそのまま動作する。
Slate PCはWindows 7ベースとなるだろうが、iPhoneを拡張したそれと、マウスベースだったそれとは使い勝手がかなり異なるだろう。

CES 2010

スマートフォンとノートパソコンを埋めるカテゴリの製品が、クラムシェル型のノートパソコン風の物の例えばSmartbookなどなら、ノートパソコンと同等のOSやインターフェースが使いやすいかもしれない。しかし、物理キーボードのない、スマートフォンを大きくしたようなiPadやSlate PCなら、指で操作するのが基本のタッチパネル式スマートフォンのインターフェースを拡張した方が使いやすいだろう。

iPadはiPhoneの経験を生かし、ある程度成功するだろうし、ユーザー体験でもよい結果を残せるだろう。しかし、Windows系のSlate PCはWindows系のソフトがそのまま動作するだろうが、どの程度成功するかは未知数だ。
もちろん、物理キーボードが欲しいような方には、Smarbookの方が適している場合もあるだろう。単に電子書籍リーダーとみている方は、Kindleのような電子インクを使用したデバイスの方が適している。

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.