Oct 252012
 

Windows 8が2012年10月26日に販売される。日本マイクロソフト主催による前夜祭や、各ショップ主導による深夜イベントなどが開始されるが、Apple製品のようにユーザーが事前に行列して製品購入のために並ぶというようなことはない。
アップグレード版はダウンロードできるし、わざわざ並んで買うほどの物でもないからだが、このあたりのユーザーの反応の薄さもPC市場の成熟度や期待の薄さを表していると言える。

そんな、Windows 8対応製品は全体的に完成度は低くない物の、各社様子見というところで、飛び抜けて買うべき製品がないという状況でもある。

そんなWindows 8製品は、新製品を真っ先に使いたい方にはいいだろう。
せっかく買うなら、画面に直接触れて操作できるタッチパネル対応製品がおすすめだ。
デスクトップPCで使うなら、マルチタッチなどに対応するタッチパッドなど新しい操作に対応できるポインティングデバイスも検討した方がいいだろう。

インターフェースになれないでデスクトップ環境メインに使うなら
一方で、インターフェースが大きく変わるので、それなりに使い込んでも慣れない部分がある。
変化に対応できない方も多いようなので、急に変わって操作がわからなくなったと公開したくないなら今までの製品を使い続けた方がいいだろう。
もしもどうしてもWindows 8を購入しなければならないなら、従来のスタートメニューを再現する物もあるので、それを使うというのもわるくなる。

Classic Shell

がそのソフトだ。

アップグレード
Windows 8にはWindows XPなどからもアップグレードしてインストールすることができる。
しかし、最新の製品と比較し、タッチパッドなどがマルチタッチなどに対応しているわけではないので、使い勝手はいいわけではない。
OS自体は非常に軽く、Windows Vista世代のハードウェアでも快適に動作するが、現在のOSで不満がないのなら使い勝手が大幅に変わってしまうWindows 8はあまりおすすめしない。

Windows RT
Windows RT対応製品は若干遅れての発売となるが、従来のソフトが動作しないことに注意しよう。
Windows 8から新しく導入されるタイル上のインターフェースで動作するソフトしかWindows RTでは動作しない。

タブレット製品
タブレットをほしがるユーザーは増えていると言うが、iPadを使いたいのではなくWindowsを使いたいならこちらも注意が必要だ。
現在の多くのWindows 8タブレットはOSが32bit版、最大メモリも2GBに限られる。これはインテルのAtom Z2760がそこまでしか対応していないからで、Windows 8だからといってハイパフォーマンスな用途に使えるわけではないことに注意しよう。

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.