マイクロソフトは2006年10月26日、日本国内でのWindows Vistaの価格体系を発表した。
一番の売れ筋と思われるHome Premiumのパッケージ版は29,800円。Home Basicは25,800円。(参考価格)
パッケージ版の価格と同時に2006年10月26日から2007年3月15日までWinodws XP搭載機を購入した場合のアップグレード価格も各メーカーから発表になっているが、1万円から1.5万円が多い。
パーツショップの店頭などで買えるDSP版についても、各販売店でアップグレードの価格が発表されるようになる予定。
各メーカーのアップグレード価格一覧
Windows Vista price Japan
この価格ははっきり言って高いと言わざるを得ない。
アップグレードの価格が高いのはもちろん、Windows自体の価格設定も非常に高い。
Home BasicはWindows XP Home Editionと同じ設定だが、WIndows Vista BusinessはWindows XP Professionalより2000円高い。
この高いという値段は2001年のWindows XP価格発表時と比べての価格であり、オープンソースは別としてMac OS Xの価格と比べても高すぎると言わざるを得ない。特にUltimate。
Windows Vista price Japan
Vista発売は2007年1月であり、2006年末から2007年初めにかけて2007年夏モデルが出る時期であり、年末年始にはVista導入を考えた買い控えが出るのは必至だろう。
売れるのは買い控えで価格が下がったそれだ。
Microsoft(R) Windows Vista(TM) およびthe 2007 Microsoft Office system 日本語版へのアップグレードを支援する「今なら、どちらも安心アップグレード プログラム」を本日より開始 同時に、パッケージ製品構成および参考価格を決定
Windows Vista: Get Ready
マイクロソフト