レノボは2007年3月2日、全世界でThinkPad用バッテリ20万5千個のバッテリの自主回収を発表した。
昨年秋の一連のSONY製バッテリとは関係なく、三洋製バッテリの自主回収となる。
バッテリー・パックが外部の強い衝撃を受けた際に、そのバッテリー・パックを含むノートブックPCにオーバーヒート(過熱)が発生する可能性があるとのこと。
国内では、ThinkPad T60pのバッテリ、T60、Z60、R60シリーズ用の拡張バッテリなどが該当するという。
バッテリーの自主回収について