Windows 10 21H2

MicrosoftがWindows 11を2021年後半にリリースすることを発表したが、2021年後半にWindows 10 21H2もリリースすることを公表している。

In fact, we will release Windows 10, version 21H2 in the second half of 2021 with new updates to current features that enable hybrid work like Universal Print and enhancements to management and deployment features like Windows Autopilot.

Bing翻訳
実際、2021 年後半に Windows 10 バージョン 21H2 をリリースし、ユニバーサル プリントなどのハイブリッド作業や Windows オートパイロットなどの管理機能と展開機能の強化を可能にする現在の機能に対する新しい更新プログラムをリリースする予定です。

https://www.microsoft.com/en-us/microsoft-365/blog/2021/06/24/windows-11-the-operating-system-for-hybrid-work-and-learning/amp/

Windows 11自体はUI等を刷新するSun Valleyとして開発されていた21H2の名称変更のリブランドOS的な位置づけだが、Windows 10自体も同じタイミングでWindows 21 H2が提供される。

https://twitter.com/LURIE_MSFT/status/1408156047550783492

さらに、EnterpriseやLTSCなどの長期サポート対象チャンネルのリリースも計画されているという。

Windows 10は2021年後半が機能強化版の最終リリースで、このエディションが2025年までのサポートの対象になる可能性もある。