山田祥平のRe:config.sys モノの向こうに見える顔
によれば、DynaBookの提唱者で、業界では知らない人はいないアラン・ケイ氏が講演で使用していたPCは Let’snote だったそうだ。アラン・ケイ氏はアメリカに住んでいるのだろうから海外での名称である Toughbook と書く必要があるかも知れない。
講演で使用していたのが、実際に個人的に所有している物なのかどうかはよくわからないが、少なくともその場所ではLet’snoteを使用していたということで、関係者は大喜びなのではないかと予想する。
http://www.panasonic.com/
http://www.panasonic.com/toughbook/
アラン・ケイについて知りたければ、ダイナブックに関する論文などが掲載されている以下の書籍がお薦めである。
アラン・ケイ
アラン・ケイ

また、Let’snoteに関しては、大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」上期を好調に折り返したNEC?2006年早期にLet’snote対抗機投入へに、企業向けモデルから Let’snote 対抗機を投入と言うことなので、LaVie G タイプ J が終了になり、新たなモデルへ変更されると言うことだと思われる。