低価格ノートパソコン事情

0
549

日本国内では SOTEC WinBook WD シリーズの 69,800円? あたりが安値になっているが、米国では $149.99 というのが登場したらしい。
CNET の記事によると 149ドルノートPC、コンプUSAに登場 ということで、 AOL に1年間加入すると $550 のキャッシュバックで、 $149.99 になるという。($1 120円で18,000円程度)
一方、世界中の子供たちにノートパソコンを$100で配布するための One Laptop per Child(OLPC) では、製造が台湾のQuantaに決定したという。Quanta は大手メーカー製ノートパソコンを製造している会社で技術的な問題はないだろう。
あの100ドルノートPCがいよいよ実現へ–製造は台湾のクワンタに決定 CNET
一方、Intelのクレイグ・バレット会長は、機能の限られた $100ノートパソコン は求められていない分析しているようです。
「世界の貧しい人々は『100ドルPC』を求めてない」とIntel会長 ITmetia
Quanta は2006年第4四半期に市場投入を目指しているとありますが、この時期は Windows Vista など、コンピュータ業界が何かとあわただしい時期。埋もれてしまわないようにしてもらいたいです。