YouTubeは動画撮影用の場所としてYouTube Spaceという専用の撮影スタジオを世界の数カ所に用意しています。
東京なら、六本木ヒルズにYouTube Space Tokyoがあります。
カメラ自体は個人ではとても買えないような高価な物が、YouTube Spaceに用意されており、スタジオで照明も、音声も素人には意味がわからないような高価な物が沢山用意されています。

問題は、これらの機材を使いこなすためには技術も必要で、素人がちょっと教わったところで使いこなせる物ではありません。
イージーシュートといって、プロのカメラマンなどが撮影してくれる日はあります。
しかし、例えば短編映画、映画までは行かないけど、そこそここった物を作りたいみたいな場合は、時間もかかりますし、技術を持った人も必要です。

そんな、アイデアはあるけど、資金力も無し、技術も機材も無いという人に向けたのがオメガプログラムです。

YouTubeの登録者が8000人いるなど基準はありますが、YouTubeにアイデアが認められれば、機材はもちろん、技術を持ったエンジニアによる撮影が出来るようになるプログラムです。
これに必要な資金はYouTubeから提供されるので、アイデアはあるけど、それ以外がという人や資金が不足していてというような人が面白い動画を作るにはもってこいのプログラムとなっています。

例えば、大怪獣グララはこのプログラムを使って撮影された物だそうです。

オメガプログラムの詳細と申し込みはこちら
https://www.youtube.com/yt/space/omega.html