JAL 国内線で機内Wi-Fiサービスを開始へJapan Airlines to start in-flight Wi-Fi service in Japan domestic flight

jal-wifi

日本航空は2014年1月30日、日本の国内線で初めて機内Wi-Fiサービスを開始することを発表した。
機内Wi-Fiは2014年7月から順次サービス開始する。

gogo社の衛星接続サービスを使用してサービスが提供され、料金自体は距離に応じて変わる。また、スマートフォンとタブレットやノートパソコンでは料金が異なる。

羽田-大阪間は500円。
羽田-沖縄のノートパソコンやタブレットでは1200円。

対象機材
ボーイング777-200/-300型機
ボーイング767-300/-300ER型機
ボーイング737-800型機
合計77機(予定)

国内線初となる機内インターネットサービスが始まりますjal-wifi

January 30, 2014, Japan Airlines has announced that it will begin in-flight Wi-Fi service for the first time in the domestic Japanese.
In-flight Wi-Fi service to start successively from July 2014.

service is provided using a satellite connection service gogo Corporation.
Fee itself will vary depending on the distance. In addition, the fee is different for laptops and smartphones and tablets.

Haneda – Osaka, 500 yen.
Okinawa – Haneda, 1200 yen in tablet and laptop.

Target equipment
777-200/-300 Boeing aircraft
Boeing 767-300/-300ER type machine
Boeing 737-800 aircraft
77 units total (planned)

Press Release

著者について:

上倉賢(かみくらまさる)

Block

block