マイクロソフトの新CEOにサトヤ・ナデラ氏が浮上Satya Nadella surfaced in new Microsoft CEO

マイクロソフトは、スティーブバルマーCEOに変わる新CEOの選定中だが、その候補にサトヤ・ナデラ(Satya Nadella)氏が浮上していると各社が報道している。

サトヤ・ナデラ氏は1967年にインドのハイデラバードに生まれた、インド系アメリカ人。サンマイクロシステムズを経て1992年にマイクロソフトに入社した。

サーバー部門などを経て、Bingの立ち上げなどを手がけ、オンラインサービス部門の研究開発担当上級副社長から2011年2月にサーバ&ツール部門の社長に就任した。

マイクロソフトは現在、デバイス&サービス企業を目指しているが、サービス部門から新しいCEOが誕生する可能性がある。

また、ビルゲイツ会長の退任についても検討が進んでいるようだ。Microsoft’s selection of a new CEO to replace Steve Ballmer. Mr. Satya Nadella has emerged a candidate.

Satya Nadella was born in Hyderabad, India in 1967. Indian-American. Was joined Microsoft in 1992 through the Sun Microsystems.

Via the server department, and launch of Bing, was appointed president of server and tools division in February 2011 from research and development, senior vice president of online services department.

Currently, Microsoft is aiming to Devices & Services business. There is a possibility that the new CEO is born from the service sector.

In addition, there is a possibility of retirement of Bill Gates.

関連記事:

投稿者: kamikura

上倉賢(かみくらまさる)