マイクロソフトがWindowsのライセンス料を値下げへMicrosoft to cut the price of the Windows license fee

マイクロソフトがWindowsのライセンス料を70%下げて、$15にするとBloombergが2014年2月22日報じた。
$250以下で販売される、Windows搭載のタブレットやパソコンのライセンス料が従来の$50から$15になる。

本来、マイクロソフトがパソコンメーカーなどにライセンスしているWindowsの価格は公開されていない。
従来$100程度だった物が、ネットブックの登場で低価格製品は$50になるなどの噂は流れていたが、この金額はパソコンメーカー各社との契約内容によって異なる。しかし、おおよそこの程度の価格だったようだ。

現在、GoogleのChromebookやAndroidのタブレット、iOSなどの低価格製品に対抗するには、パソコンメーカーからOSの値下げ圧力が強まっていた。

Microsoft Said to Cut Windows Price 70% to Counter RivalsBloomberg has reported February 22, 2014 Microsoft is down 70% license fee in Windows, and to $ 15.
Price cut to $ 15 from $ 50. Applies to Windows based PC and Tablet to be sold for $ 250 less.

Originally, the price of Windows that Microsoft is licensed to PC makers such as has not been published.
Rumor was the conventional $100, and be in the $ 50 low-cost products with the advent of the netbook. But the price depending on the contract with the PC manufacturers.
However, it seems to have been the price of this degree approximate.

Currently, to combat low-cost products, such as Android Tablet, Chromebook of Google and iOS. OS price pressure had intensified from PC makers.

Microsoft Said to Cut Windows Price 70% to Counter Rivals

関連記事:

投稿者: kamikura

上倉賢(かみくらまさる)