NVIDIAは2014年10月2日、自社のTegra K1を搭載したAndroidタブレットNVIDIA SHIELDタブレットを日本で販売することを発表した。
最新のTegra K1を搭載したAndroidタブレットで、自社のタブレットとしてはZOTAC NVIDIA Tegra Note 7からの2世代目。
SHIELD製品としては、コントローラーと一体化したSHIELDポータブルに続いて2世代目となる。

特にゲーム向けのタブレットとしてフォーカスするが、ゲーム以外の機能としてはTwitchに限られる物の、ゲームに限らずほぼすべての画面を配信できる画面共有機能がある。
さらに、ペン入力のDirectStylus 2機能ではデジタイザーペンのような書き心地も利用できる。

ゲーム向けの機能としてはTegra K1を生かしたゲームのTrine 2が同梱され、Androidゲームが快適に操作できる専用コントローラーも販売される。
さらに、GameStream機能ではNVIDIAの対応GPUを搭載したPCから配信されるゲームをSHIELD上でリモートプレイすることも可能。

価格は4万円から4万5千円程度、専用コントローラーが8千円から9千円程度、カバーが4千円程度。

10月10日より発売する。