Android TVプラットフォーム採用のNexus Player

GoogleはAndroid TVプラットフォームを採用したセットトップボックス「Nexus Player」を国内で販売する。
Chromecastはスマートフォンやタブレット、パソコンの画像をテレビに表示するためのアダプターだが、「Nexus Player」はAndroid TVがプラットフォームとして使われている。Android TV自体Android 5.0をベースにしている。このため、動画のような画像表示だけで無く、ゲームやアプリも利用できる。スマートフォンとは異なり、リモコンやコントローラーを使って操作するので、対応したアプリ等が必要になる。

今回発売するNexus PlayerはAndroid TVプラットフォームを始めて採用した製品となり、インテルのAtomを採用、メモリは1GB、ストレージは8GB。グラフィック機能としては、ImaginationのPowerVR Series 6を採用している。
今回の製品は、Android TVプラットフォームを採用した一例で、テレビ自体に組み込むような事も可能性としてある。

価格は12,800円。マイク付きリモコンが付属する。
2月下旬発売予定。

Google Nexus Player
Android TV 搭載 Nexus Player を日本で販売します。

関連記事:

投稿者: kamikura

上倉賢(かみくらまさる)