Googleは2015年4月1日、149ドル日本円で18,000円程度のChromebookを発表した。
HaierとHisenseのChromebookで液晶サイズは11インチ程度の模様。

これ以外にも、TRUE、XOLO、Nexianからも製品が登場し、11.6インチから15インチのサイズで199ドルから499ドルで提供される。
また、ASUSから2-in-1タイプのような、ASUS Chromebook Flipも249ドルで発表され、Chromebookのフォームファクターも多様化していくようだ。

これ以外には、HDMI端子に接続して使用するスティック型のASUS製のChromebitも発表され、2015年夏に100ドル以下で提供される予定。