第12世代インテルCoreに最適化されるOS

0
269

第12世代インテルCore(Alder Lake)から、高性能コアと、高効率コアを組み合わせたCPUになります。この2種類のコアの機能を生かすにはOSの最適化が必要です。
この最適化をしているのが、インテル スレッド・ディレクター(Intel Thread Director)で、OSのスケジューラーも必要です。

インテルや主要OS各社はOSで最適化をするようですが、Windowsの場合はWindows 11で最適化が行われ、第12世代Coreと同時期にリリースされるOSから最適化が始まるようです。

つまり、2022年からノートパソコンで採用が始まる第12世代インテルCore移行のCPUを搭載するノートパソコンで古いOSを入れる事は、最大のパフォーマンスを発揮できないことになります。