2024年のPC選び NPU搭載モデルまで待つべきか

1
1445
NPUのRyzen AIを搭載するAcer Swift Edge

スマートフォンでは一般化しつつあるAI関連機能のNPU搭載のパソコンは既に一部では販売されています。Apple Siliconが先行していましたが、x86でも2023年より搭載モデルが複数登場し始めており、2024年には搭載するパソコンが多数販売されそうです。
このNPU搭載製品が一般的になるまでPCの購入を待つべきでしょうか。それとも当面気にしないでも問題ないのでしょうか。

NPUに注目しつつも、まだ主流とは言えなかった2023年前半についてはノートパソコン2023年の展望 いつ何が買いかで解説していました。

NPUとは

NPUとはNeural Processing Unitのことで、主にAI関連の推論(Inference)関連を演算する機能です。
推論するためには学習(Learning)も必要ですが、学習には大規模なデータを高性能なGPUで時間をかけて行う物で、一般的なクライアントPCではまだまだ荷が重く、一般的にはクラウドの大規模なサーバーで処理されています。その学習したモデルから推論を行うのがNPUで、推論用に設計されているため通常のCPUよりもかなり高速に処理が可能となります。

従来のCPUにも近い機能はありましたが、AI関連機能として、NPUの性能を競うようになっているため、各社が様々な実装をしはじめているのが2020年代の動きです。CPUで言えば90年代頃の、浮動小数点関連のFPUがCPU内に取り込まれたような動きの再来とも言えるかも知れません。
PCへのNPUの搭載が進むため、推論を使用するアプリケーションはクライアントにあるNPUを活用することで、クラウドを使わずにAI関連処理が高速になるのではと期待されているわけです。

CPU、GPUに続いてPCに搭載されるNPU(Neural network Processing Unit)とは

NPUは何に使われるか

PCでのNPU関連用途としては、Webカメラの画像処理や音声のノイズ除去など(Windows Studio Effects)に活用され始めているようですが、NPUが無くても大きな負荷なく使用可能な機能であって、まだまだこれと言ったキラーアプリケーション的な用途はないようです。
NPUと言っても問題ない機能としてNVIDIAのGeForceなどにはTensor Coreが以前から搭載されています。また、IntelのCPU内にはAVXやAMX(Intel Advanced Matrix Extensions)などのAI関連で活用出来る機能などは搭載されています。それぞれの機能は各演算には活用されているようですが、AI関連としてフル活用し、これによる圧倒的な性能差を見せつけているアプリケーションはまだないようです。

今後はハードウェアとして標準搭載に近くなるため、生成AI関連や各種画像処理で、OSとNPUの連携が進み、CPU毎に対応する必要が無くなればソフトウェア開発者としてAI関連機能の使い勝手がよくなると思われます。しかし、WindowsのAI関連機能CopilotもNPUの搭載を必須にしているわけでも無く、OSや各機能の必須機能としてNPU搭載には当面ならないでしょう。

結局NPU搭載は待つべきか

Intelが本格的にNPUを搭載するMeteor Lakeの製品は2023年12月に発表されますが、本格的に出回るのは2024年になると見込まれます。
Ryzen 7040シリーズなどAMD製品でのNPU搭載モデルは2023年に数機種しかリリースされませんでしたが、AMD製品でのNPU搭載が本格化するのも同時期になるでしょう。ARM系としてNPUだけで無くCPU機能含めて期待される、QualcommのSnapdragon X Eliteの登場も2024年になります。

2024年後半くらいのPC選びでは、どのNPUを選ぶべきかも重要になるかも知れませんが、NPUは当面搭載が必須になる機能でも無く、2023年現在キラーアプリケーションも存在していないという状況は2024年頃もあまり変わらないでしょう。

2023年から2024年前半くらいに選択するPCとしてはNPUが搭載されていなくても、取り立てて問題になる事は無いでしょう。
2025年や2026年頃の状況は不明ですが、その頃には2024年の初期のNPUよりも強化された物が多数登場しているはずです。その頃にはOSでのAI関連機能を強化するMicrosoftもWindowsで有効活用するでしょうし、キラーアプリケーションも登場してくるかも知れません。PCのリプレースは通常3年程度はかかるので、NPU搭載機種が実際に使われる状況が増えるのは2026年頃になります。
その頃にはWindowsのCopilot含めてNPUの活用がより増えるでしょう。そうなったら、その時の最新モデルを選べば良いだけです。

2024年前半くらいまではNPU搭載モデルを待つ必要はないという結論になります。
2024年後半くらいからはどのような製品に搭載され、どう活用されているかを確認した上で再度考えましょう。

PC向けの主なNPU

NVIDIA GeForceなどのTensor Core
Apple SiliconのNeural Engine
AMD Ryzen 7040シリーズのRyzen AI
IntelのCore Ultra(Meteor Lake)に搭載されるNPU
Qualcomm SnapdragonのHexagon

ノートパソコン2023年の展望 いつ何が買いか


1コメント

コメントは締め切りました。