Apr 172010
 

NECのUQ WiMAX対応モバイルルーターAterm WM3300Rを購入した。
すでに、UQ WiMAXのサービスは使用しかなり満足している。現在使用しているのは、LenovoのWiMAXモジュール内蔵済みThinkPad T400s。USBタイプのモジュールも持っているが、PC以外でもWiMAXのインフラを使いたかったのがこれを購入した理由。

実売2万円弱。2010年4月現在の最安値は16,500円程度。
NEC Aterm WM3300R

NEC Aterm WM3300R

この製品は、無線LANルーターとして、様々な機器が無線で接続できるが、インターネット側への接続はUQ WiMAXのみとなる。つまり、UQ WiMAXに接続出来なければ、ほとんど何の意味もない製品。

現在、UQのWiMAXは市街地を中心にエリア拡大中。もちろん、地方などはエリアになっていないところも多いが、自分の移動範囲はほぼ全てエリア内になっている。エリア、PC用のドライバ品質など含め、使い勝手は日々向上し、実用に耐えうる物となっている。

セットアップは大変だった。
すでにUQ WiMAXのサービスには加入しているので、機器追加登録をしなければならない。もちろん、UQ WiMAXの電波が届くところで行う必要があるが、なぜか私の環境では、UQ WiMAXに接続するまでが厳しかった。
実際に、WM3300Rのアンテナには電波が来ているのはわかるし、ThinPad T400sでも余裕でつながる場所で接続しようとするがなぜかエラー。仕方がないので、より電波の状態がよいだろう屋外で接続しようとするがそれでもエラー。
そんなことを2時間ほど繰り返していると、なぜか運良くつながった。

ここで、月200円となる機器追加オプションの申し込みをし接続。
それから、WM3300R経由でインターネットに接続しようとするがなぜか出来ない。インターネット未接続と表示される。
設定を見直したり、再起動などいろいろやるがどうやってもインターネットに接続しない。
この設定を3時間ほどやった後に最終手段として、工場出荷状態に戻し、初期設定をやり直すとなぜか問題なく接続出来た。

何が悪かったのか不明だが、使えるようになるまで、合計5時間ほどかかった。

接続出来れば、通常の無線LANルーターと同じように使用できる。スピードも当然ながら高速で、ちょっとしたADSLレベル。
高速移動中にも試したが、PC内蔵のWiMAXモジュールと同じような安定度のようで、電波が届いているところなら問題なく使用できる。ただ、例えば、ソフトバンクの3G回線でiPhoneを使うのと、WiMAXで使う場合の体感速度の差はあまり感じない。しかし、iPod touchのように3G回線が使えない端末では、どこでもネットに接続出来るので非常に便利に使えるだろう。

バッテリの持続時間は、時々切ったりという使い方をしておおよそ4時間弱。一般的に朝出かけて、夜帰ってくるという方が多いだろうから、予備バッテリーは2つ常備したいところ。純正のバッテリーは1個5,000円と高価。

サンヨーのデジカメ用バッテリーL50と同じ仕様なので、これを使う事も可能とのこと。しかしサンヨーのバッテリーも5,000円程度だ。そこで互換バッテリーの登場だが、こちらは1個1,000円程度から。秋葉原などでは2,000円弱で売られている。1/5程度の価格で売られていれば危険性を認識しつつも、互換バッテリーを買いたくなるのが人情だろう。

本体の発熱は結構ある。冬場にはカイロがいらなくなるくらい暖かくなるので良さそうだが、夏場は結構つらくなるかもしれない。

電波の感度などは、アンテナが最適化されたPC内蔵タイプよりも劣っている。特に電波がギリギリの屋内ではそれが顕著。もちろん、窓際において使うとようなことも出来るので、電波が届きづらいところでの使用ならそんな使い方がいいだろう。

設定にはなぜか戸惑ったが、バッテリで4時間弱、そこそこ発熱する、純正バッテリーは高価という点が気にならなければ、Wi-Fi機器でどこでもネットに接続出来る環境の構築には最適の一台と言える。

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.