Googleは次の50億市場に向けたAndroid、Android Oneをインドで発表した。
現在、ハイエンドスマートフォンは5万円以上、低価格のスマートフォンは2万円から3万円だが、この価格では購入できない市場に向けた低価格スマートフォン。

6月に行われたGoogle I/O 2014で構想が発表され、9月に発売された。

今回発表した製品はディスプレイが4.5インチ(480×854)でMediaTek Cortex A7(1.3GHzのクアッドコア)、メモリ1GB、内蔵ストレージ4GB、デュアルSIMスロット、microSDカードスロット、カメラ、FMラジオ等、デュアルSIMの機能を搭載。
低価格のハードウェアだが、必要な機能はほぼすべて備える。

OSバージョンはAndroid 4.4で、次期バージョンへもアップデートされる。

価格は6399ルピーで、11,000円程度。

2014年中にバングラディッシュ、フィリピン、ネパール、パキスタン等で販売される。
Acer、ASUS、Lenovo、Panasonicからも端末が登場予定。

Android One

For the next five billion: Android One