Adobe Apple M1

Adobeは2021年7月20日、デジタルビデオ製品を中心にしたアップデートを公表した。
Adobe Premiere Proでの音声のテキスト化、Adobe Character Animatorの強化、Adobe After Effectsの強化があるが、Adobe Premiere ProのM1ネイティブ対応も行われている。

ここでM1にネイティブ対応になったAdobe Premiere Proの高速化に注目されるが、元々Rosetta 2の仕組みでIntel用のプログラムを変換して動作していた物が、Apple SiliconのM1ネイティブ対応になったことで高速になるのは当然の結果。
それ以上に注目なのは、最新のAdobe Premiere Pro 15.4でのM1ネイティブの高速化が他のプラットフォーム以上で、速度自体も高速な点。

Adobeが公開したデータによるとWindows RTX 3090で6秒、Intel Macで10秒のところ、M1のMacBook Proは3秒とWindowsのハイエンド環境でも高速になっている。(シーン検出の速度)
細かな検証は必要だが、現行のIntel CPUによるシステムよりも、現時点では最適化すればM1の方が圧倒的に高速になるプロセスも多そうだ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here