May 032010
 

Appleは2010年5月3日、iPadの販売台数がiPad 3G版の発売日2010年4月30日に、100万台に達成したことを発表した。
iPhoneが100万台販売するまでに、74日かかったが、iPadはこの半分以下の28日で達成したことになる。

現在、パソコンや携帯電話などの情報機器の年間販売台数は、携帯電話は12億台、スマートフォンは1.5億台、パソコンは3億台程となっている。
iPadをSlate PCという新しいカテゴリの製品と定義すると、スマートフォンと、ノートパソコンの中間に位置づけられ、パソコンよりも販売数が多くなることも予想される。
携帯電話の台数のうち、かなりの割合は数十ドル程度の格安端末による売り上げ。単純に比較できないが、Slate PCというカテゴリのジャンルも数年後にはスマートフォンと同程度の数億台になってもおかしくない。

iPadの米国外での販売、Androidなど他のOSを採用したSlate PCが各社から販売されようとしている、iPadの28日で100万台という台数は、その時にはまだまだ少なかったと言える台数になる可能性がある。

関連記事:

    None Found

Sorry, the comment form is closed at this time.