YouTubeは視聴者ファンディングのベータテストを2014年9月1日から開始した。
日本、米国、オーストラリア、メキシコで開始される。

視聴者ファンディング機能とは、視聴者がYouTubeの各クリエイターに資金を提供できる機能。
提供した資金は、YouTubeが手数料を差し引いた金額がクリエイターに渡される。
手数料は、例えば1,000円支払うと、日本の場合、22円と5%の50円の合計77円を差し引き残った923円がクリエイターに渡される。
手数料は国毎に異なるが、おおよそ同等となっている。

視聴者ファンディングについて 視聴者向け
視聴者ファンディングについて クリエイター向け